ページの先頭です

電子図書館を開設 7月1日からサービス開始

[2012年7月1日]

7月1日からサービス開始
http://dnp-cms.d-library.jp/ocpl

 

「大垣市電子図書館」サイト

 大垣市立図書館は、インターネットを活用した新たなサービス「大垣市電子図書館」を、7月1日から始めます。
 このサービスは、パソコンで電子図書館のサイトにアクセスし、読みたい電子書籍を、専用のリーダーを介して閲覧するインターネット上のバーチャル図書館です。
 いつでも、どこでも、電子書籍の提供が可能になり、図書館から遠方の人や開館時間中の利用が困難であった人などにとっては、大変便利なサービスとなります。
 また、破損防止のため、これまで貸し出しすることができなかった郷土資料なども、今後、電子書籍化することで閲覧可能となり、郷土研究やふるさと学習に役立てることができます。
 7月1日からは、平成版「大垣市史」や飯沼慾斎著「草木図説稿本」など34タイトルが閲覧可能。今年度中に、82タイトルを電子書籍化する予定で、今後もコンテンツの拡充を図っていきます。

<利用方法>
(1)「大垣市電子図書館」サイトから、専用リーダー(閲覧ソフト)を、ご自身のパソコンにダウンロード 【初回のみ】
(2)ログイン画面(トップページ左上)に図書館の利用カードの番号とパスワードを入力
(3)資料検索して、読みたい電子書籍を選択し、「貸出」ボタンをクリック
 ※最大10冊までの貸し出しが可能です
 ※閲覧期間は15日間で、期間中はいつでも何度でも閲覧できます
(4)返却は、貸出時の画面で、「返却」ボタンをクリックすれば完了
 ※閲覧期間後は自動的に返却されます

 詳しくは、大垣市立図書館(TEL 78-2622)でお尋ねください。


(平成24年7月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る