ページの先頭です

国体・大会まで あと76日! 市内開催種目をチェック

[2012年7月15日]

東日本大震災復興支援

第67回 国民体育大会 ぎふ清流国体 9月29日(土)~10月9日(火)
第12回 全国障害者スポーツ大会 ぎふ清流大会 10月13日(土)~10月15日(月)

芭蕉ミナモ


 ぎふ清流国体・ぎふ清流大会の開幕まで、いよいよあと2か月余り。前号から、市内で行われる両大会の正式種目8競技の日程と概要を紹介しています。今回は、10月に開催される「フェンシング」「柔道」「ソフトボール」です。


フェンシング(成年男子 成年女子 少年男子 少年女子) 10月5日(金)~8日(月・祝) 大垣市武道館

 フェンシングは、ピストと呼ばれる幅1.5~2メートル、長さ14メートルの競技台の上で競技を行い、相手の有効打突面を突く命中打または、斬る技で勝負を争います。
 競技は、突きだけを用いる基本のフルーレ、正式な決闘として行われていたものが競技化したエペ、馬上の剣術が変化した斬る攻撃が主体のサーブルの3種目。判定には、電気審判器が使われます。
 試合は、1チーム3人の団体戦で、1・2回戦はリーグ戦方式、それ以降はトーナメント方式で行われます。

フェンシングミナモ

 

◆柔道(成年男子 成年女子 少年男子 少年女子) 10月6日(土)~8日(月・祝) 総合体育館

 柔道には、投げ技と固め技があり、決まり方の高い順に「一本」「技あり」「有効」と判定されます。その得点によって、「一本勝ち」「優勢勝ち」または「引き分け」が決まります。
 国体では、体重別に男子は5人、女子は3人によって構成される都道府県チームが、トーナメント方式で団体戦を行います。試合は1試合4分間の1本勝負。勝者数が多いチームが勝ちとなり、勝者数が同じ場合は、「一本勝ち」の数で勝敗を決めます。なお、内容も同じ場合は、「引き分け」の対戦の中から抽選で1試合を選び、3分間の代表戦が行われます。

柔道ミナモ

 

◆ソフトボール(成年女子) 10月6日(土)~8日(月・祝) 浅中公園総合グラウンド

 成年女子の種別に13チームが参加するソフトボールは、トーナメント方式により行われます。試合は、通常7回戦ですが、終了時に同点の場合はタイブレーカー(無死二塁で試合開始)により勝敗を決めます。
 ピッチャーは、下手投げで投球を行います。また、1塁での接触事故を防ぐため、守備者用に白色と打者走者用にオレンジ色の2つのベースが設置される「ダブルベース」や、走者が投手の手から球が離れるまで塁を離れることを禁じた「離塁アウト」など、ソフトボール独特のルールがあります。

ソフトミナモ


(平成24年7月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る