ページの先頭です

つくしっ子通信 No.52

[2012年8月1日]

赤ちゃんを食中毒から守ろう

調整粉乳からミルクを作るときは

・赤ちゃんにとって栄養たっぷりのミルクは、細菌にとっても大好物!

ミルクの作りおきはやめて、そのときに飲ませる分だけ作りましょう。

・容器に入っている調製粉乳は、清潔なスプーンで上からすくいましょう。

また、スプーンを容器の中に入れておくのはやめましょう。

・表示されている方法をしっかり守ってミルクを作りましょう。

・ミルクを作るときは、殺菌されていない井戸水や湧き水を使わないようにしましょう。

母乳を保存するとき

・母乳を冷蔵庫に保存するときは、24時間以内に飲ませるようにしましょう。

・24時間以上保存したい場合は、専用の袋を使って冷凍保存しましょう。

家の冷凍庫は温度変化が大きいのでできるだけ早めに使うようにしましょう。

・冷凍保存した母乳は、ぬるま湯で解凍してから哺乳びんにうつし、湯せんで適温に温めましょう。

・搾乳するときは雑菌が入らないよう手はよく洗い、搾乳器具を使う場合はよく洗って消毒したものを使いましょう。

清潔な哺乳瓶を使いましょう

・哺乳びんは使ったらすぐ洗いましょう。特に乳首は汚れがたまりやすいので専用ブラシでよく洗い、十分すすぎましょう。

・哺乳びんは必ず消毒しましょう。煮沸したり、専用の消毒薬や電子レンジを使って消毒する方法があります。

・煮沸するときは、ガラス製なら7分程度(樹脂製の場合は、説明書に従いましょう)、乳首とキャップは3分程度鍋で煮立てます。

熱いうちに取り出し清潔なふきんの上で水切りしましょう。

・消毒後はよく乾燥して、清潔なフタ付きの容器で保管しましょう。

離乳食や食材で気をつけたいこと

・離乳食を作るとき、まな板、包丁、鍋などの調理器具は清潔にしましょう。

・離乳食は作ったらすぐに食べさせましょう。

・離乳食は食べさせるだけ作るのが基本ですが、冷凍保存する場合は、十分再加熱してから食べさせるようにしましょう。

・ハチミツは1歳未満の赤ちゃんには食べさせないようにしましょう。

 ボツリヌス菌による食中毒になることがあります。

・離乳食の期間は、生ものを食べさせるのは控えましょう。

・赤ちゃんのスプーンは清潔なものを使い、大人のものと別にしましょう。

こんなことにも気をつけましょう

・部屋はきれいに片付けて、床にあるものを赤ちゃんが口にしないように 気を付けましょう。また、赤ちゃんが口に入れたら危ないものは、赤ちゃんの手の届かないところに置きましょう。

・よだれかけ、口拭きタオルは清潔なものを使いましょう。

・おむつ交換の後の手は見た目はきれいでも、細菌やウイルスが付いていることもあるのでよく手を洗いましょう。

親子で楽しくおやつタイム!

「おやつ」と聞くと子どもだけでなく、大人もなんだか楽しい気分になりませんか? みんなが大好きなおやつ・・・。上手に生活に取り入れ、おやつタイムを楽しみましょう!

幼児期のおやつは食事で足りない栄養を補います

幼児期は、乳児期に次いで発育の盛んな時期です。毎日元気いっぱい遊びまわっているので、体が小さい割に、多くのエネルギーや栄養素が必要となります。しかし、消化吸収などの機能は発育途上で、多くの食物を一度に処理することができません。

そこで、おやつを食事の一部分と考え、食事で足りない栄養を補いましょう。

おやつの3原則!

(1)おやつの内容も栄養のバランスを考えます。

『主食(エネルギー)』+『主菜(たんぱく質)』+『副菜(ビタミン)』の組み合わせはおやつでも同じです。3回の食事で不足しがちな栄養を補給するためには、単品ではなく何種類かの食品をセットにして与えるように心がけます。

(2)おやつの量を決めます。

おやつは1日の総エネルギーの10~20%程度が適当です。これは次の食事のさまたげとならない程度で、しかもある程度、満腹感を与えることのできる量です

(3)時間を決めます

3歳未満児では午前・午後の2回、3歳以上児では午後1回与えることが一般的です。

 幼児期は、食生活の基本を身につけさせる大事な時であるため、規則正しく与えることが大切です。

不規則に与えることは、偏食やむら食い、肥満やむし歯など健全な食習慣の育成をさまたげることになるので注意しましょう

   ❤  食事とおやつの間は、できれば3時間位あけることが望ましいです。

お子さんとおやつ作りに挑戦!

お子さんにとって、おやつタイムがますます楽しくなることでしょう。レンジなどを使えば出来上がりまでの時間も短縮できます。

 

ブルーベリーヨーグルト蒸しパン

【 材料 (型7個分)】

ホットケーキミックス 150g

卵 1個

牛乳50ml

プレーンヨーグルト大さじ2

オリーブオイル 小さじ1

ドライブルーベリー 適量

1ドライブルーベリー以外の材料をボールに入れて混ぜる。

2型に1)を半分ほど入れ、ブルーベリーをのせます。

3ラップをふんわりかけ600wのレンジで2分加熱しできあがり。

枝豆チーズせんべい

【 材料(4個) 】

枝豆 適量

スライスチーズ1枚

1クッキングペーパーに枝豆をおく。

24枚に切ったスライスチーズをのせる。

3レンジ600Wで2分半加熱して出来上がり

☆ レンジ加熱は目安です。ご家庭のレンジでは様子をみながら加熱してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る