ページの先頭です

家事・育児をお手伝い エンゼルサポーター事業

[2012年8月1日]

 市は、妊娠中や病気による体調不良のため、家事や育児を行うことが困難な場合に、サポーターが自宅へ出向き、家事や育児などを援助する「エンゼルサポーター事業」を行っています。

・対象 : 市内に住所があり、次の要件をいずれも満たす家庭
      (1)妊婦(母子健康手帳交付後)または小学生以下の子がいる家庭
      (2)昼間、自身のほかに家事や育児に協力できる人がいない家庭
・サービス内容 : 家事の援助(炊事・洗濯・掃除など)や育児の援助(おむつ交換・授乳・沐浴補助など)
・利用時間 : 午前9時~午後5時の間に、1回2時間以内 ※1日2回(継続して計4時間)まで利用可
・年間利用限度回数 : 30回 ※妊娠中の場合は、出産日までに20回とし、出産後は新たにカウント(合計50回)
・申込 : 子育て支援課(内線 463)へ ※事前に登録が必要

エンゼルサポーター事業
区分利用者負担額
生活保護世帯、ひとり親世帯で市民税非課税世帯
市民税非課税世帯(ひとり親世帯を除く)350円/時間
市民税課税世帯700円/時間
※所得課税証明書や保護証明書などの提出を求める場合があります。

(平成24年8月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る