ページの先頭です

総合防災訓練を実施 避難所運営を体験

[2012年9月15日]

総合防災訓練を実施 避難所運営を体験

総合防災訓練を実施 避難所運営を体験


 8月26日、小野小学校を主会場に、市総合防災訓練が開かれました。
 今回の訓練から、避難してきた市民の皆さんの手で避難所の運営を体験してもらうスタイルに変更。災害発生時に、実際の避難所となる小野小学校や東中学校、総合体育館を舞台に、地域住民や関係機関など約900人が参加しました。
 訓練では、避難者カードをもとに避難者数を把握。訓練参加者を、総務・連絡広報・物資運搬・給食給水・環境衛生・救護の6班に分け、それぞれの役割を確認しあいました。
 参加者らは、応急手当や救援物資の搬入・配布のほか、給水活動、避難所生活に必要なルールの作成、避難所内の掲示板や災害用簡易トイレの設営など、本番さながらで訓練に取り組んでいました。


(平成24年9月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る