ページの先頭です

東海環状自動車道の開通に伴う屋外広告物の規制について

[2012年9月15日]

 平成24年9月15日の「東海環状自動車道(大垣西IC~養老JCT)」の開通に伴い、新たに禁止地域(原則、広告物の掲出ができない地域)が追加になりました。

禁止地域(許可地域から禁止地域に変更)

路線の両側500m未満の区域

(都市計画法に規定する用途地域が定められている区域を除く。)

 

禁止地域における許可の基準

1.自家広告物

 ・表示面積:1事業所あたり合計50平方メートル以下

 ・その他の基準:上記基準に加え、広告物の種類に応じて許可地域の基準を満たすこと

 

2.案内用広告物

 ・表示面積:1面2平方メートル以下(合計4平方メートル以下)

   集合看板については1面10平方メートル以下(合計20平方メートル以下)

 ・高さ:野立広告物のみ5メートル以下

 ・その他の基準:上記基準に加え、広告物の種類に応じて許可地域の基準を満たすこと

 

3.その他の広告物

 不可

※詳しくは岐阜県ホームページ内の「岐阜県屋外広告物条例等早わかり」をご覧ください。

 

禁止地域の追加指定による既存広告物の取り扱い

 禁止地域の追加指定により、許可基準を満たせなくなった広告物については、3年間の経過措置期間を設定していますので、期間内に必ず是正、除却等をしてください。

 

関連コンテンツ

東海環状自動車道の開通に伴う屋外広告物の規制について

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部都市計画課[東庁舎2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る