ページの先頭です

法律とこころの健康のための相談

[2012年10月1日]

 多重債務、解雇、生活苦、病気などが原因で「うつ病」や「自殺」に追い込まれることがあります。臨床心理士や弁護士などの専門家に相談することで、負担を軽くすることができるかもしれません。
 県精神保健福祉センターは、臨床心理士と弁護士による面接相談会を次のとおり開催しています。お気軽にご利用ください。

・とき : 10月~12月の第1・3月曜日 午後5時30分~8時30分
・ところ : ハートフルスクエアG2階小研修室(岐阜市)
・申込 : 県精神保健福祉センター(TEL 058-273-1111 内線 2252)へ


(平成24年10月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る