ページの先頭です

リラックスストレッチで血行促進を!

[2015年12月11日]

リラックスストレッチとは

1曲、4分30秒程度の音楽にあわせながら、ひとつの動作を8秒間ずつ、呼吸に合わせて全身の筋を伸ばします。

運動効果

  • 運動前に行えば怪我の予防、運動後に行えば筋肉痛の予防になります。
  • 筋・関節の血流が良くなり、こりや関節痛の改善につながります。
  • 体温の上昇によって、冷え性の改善安眠効果も得られます。

注意事項

  • 無理に伸ばさず、気持ちいいと感じる程度で伸ばし、息を止めずに行います。
  • 反動はつけずに、ゆっくりジワッと伸ばします。
  • 関節炎や捻挫など、筋や関節に障害のある場合や熱感のある場合は行わないでください。

呼吸法

  • 1動作8秒の動作を、1・2・3と5・6・7は数えて息を吐き、4と8は数えずに鼻から大きく息を吸います
  • 頭では分かっているつもりでも、いざ始めると息を止めてしまう方が多く、特に筋力の弱い方は力を入れようと息を止める傾向にあります。
  • 息を止めると腹圧の上昇で血圧が上がり、また無酸素運動にもなるため、注意が必要です。
  • 息を止めないよう意識的に数えることが大切です。

添付の動画や動作法を参考にやってみましょう!

リラックスストレッチ(動画)

リラックスストレッチの動作法

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る