ページの先頭です

プラスチック製容器包装の分別収集 着実に再資源化

[2012年12月1日]

再資源化

 
 4月から始まった、プラスチック製容器包装の分別収集――。
 開始から半年以上を経過しましたが、みなさんのご協力により、スムーズな収集が行われ、本市におけるプラスチックの再資源化は着実に進んでいます。
 限りある資源を有効に利用するためにも、今後もプラスチック製容器包装分別収集に、ご協力をお願いします。

・問い合わせ : クリーンセンター TEL 89-4124
 

グラフ

 上のグラフは、本市におけるプラスチック製容器包装の収集量の推移を表しています。制度開始の4月こそ収集が若干少なかったものの、毎月40トン前後で推移しています。これらは、今まで「もえるごみ」として焼却処理されていたものが、資源として再利用された数値とも言えます。
 今年度は、年間416.1トンの再資源化を目標にしていますが、9月末までに249.6トンを再資源化し、目標の達成率が60%に達しました。
 しかし、収集対象外のものが混入していたり、汚れがひどいなどの理由で、これまで収集されたもののうち約8.8%が不適合品となっています。
 循環型社会を目指し、安定したリサイクル体制を維持するため、今一度、収集の対象となるものや注意点をご確認いただき、きれいに仕分けされた分別収集にご協力をお願いします。


<確認> プラスチック製容器包装の対象
      ※中身を空にして、洗って出してください

ボトル
カップ類
トレイ(パック)類


(平成24年12月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る