ページの先頭です

年末の交通安全県民運動 12月11日~12月20日 ~無事故で年末 笑顔で年始~

[2012年12月1日]

■飲酒運転の根絶
 飲酒運転は、判断力・注意力・反応などを低下させ、重大事故を引き起こす危険性が高くなります。年末は、忘年会など飲酒の機会が増えますが、公共交通機関・タクシー・運転代行サービスなどを利用し、飲酒運転をしないようにしましょう。

■高齢者の交通事故防止
 県内の交通事故による死者の約7割を占めるのが高齢者です。中でも、歩行中または自転車運転中の高齢者の交通死亡事故が急増しています。これらの事故は、午後4時から8時までの時間帯に最も多く発生しているため、夕暮れ以降に外出するときは、明るい色の服と反射材を着用するほか、懐中電灯を使用しましょう。

■交差点における交通事故防止
 交差点での出会い頭事故は、県内の車両同士の衝突による死亡事故の中で、最も多い事故です。見通しの良い交差点でも油断せず、交差点の手前から左右を確認しましょう。また、見通しの悪い交差点では、左右の安全確認に加えて、一時停止や徐行を徹底することを忘れないでください。


小・中学校交通ポスターコンクール 岐阜県警察本部長賞

青木彌宣さん(岐阜大学教育学部附属小5年)の作品

青木彌宣さん(岐阜大学教育学部附属小5年)の作品


(平成24年12月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る