ページの先頭です

シリーズ 景観遺産

[2012年12月15日]

市が指定した「大垣市景観遺産」60件の魅力を順次、紹介しています。

(29)塩田の常夜燈  静里町1731-2

塩田の常夜燈

 杭瀬川旧塩田橋の河畔にあるこの常夜燈は、明治13年(1880年)の建立です。
 この付近にはかつて塩田湊があり、生活物資や石灰などの運搬が頻繁に行われ、にぎわっていました。この塩田湊に出入りする船の安全を見守ってきたのが、この常夜燈です。また、この常夜燈は、伊勢神宮の遙拝所となっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 景観遺産は、随時、募集を行っています。後世に残したい景観があれば、応募サイト(パソコンや携帯電話から応募可)または都市計画課(内線 669)へ。
QRコード


(平成24年12月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る