ページの先頭です

子育て一口メモ 読み聞かせでこころ豊かに

[2012年12月15日]

 「読み聞かせ」は、親と子の心をつなぐ大切な“ふれあいの時間”です。「読み聞かせ」を行うことで、子どもに次のような効果があると言われています。

 (1)親子で同じ時間、楽しみを共有できる
 (2)子どもの心を落ち着かせることができる
 (3)言葉を覚え、想像力や表現力が豊かになる

 家庭では、寝る前などの時間を利用して、子どもたちにできる限り本を読んであげましょう。
 また、「読み聞かせ」は図書館をはじめ、子育て総合支援センターや子育て交流プラザなど市内各所で行われています。親子で楽しめますので、お気軽にご参加ください。


(平成24年12月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る