ページの先頭です

特集 あなたの子育てをサポート! ―「子育て日本一のまち」を目指して―

[2013年1月1日]

 市は、子どもたちが健やかで心豊かに育ち、親が子育てに喜びを感じることができるまちを目指しています。その実現のために、行政、学校、地域の人々が協働し、安心して子どもを生み育てる環境整備にあらゆる側面から取り組んでいます。
 今回は、「子育て日本一のまち」を目指す本市の数ある子育て支援施策から、そのいくつかをご紹介します。
 
◆子育て支援の拠点「子育て総合支援センター」

子育て総合支援センター

 子育て総合支援センターは、「子育てなんでも相談室」を開設しているほか、子育て支援に関する取り組みや催しなどの情報提供、子育て講座の開催、子育てボランティアの育成などに取り組んでいます。

・開館時間 : 午前8時30分~午後9時 ※年末年始のみ休館
・問い合わせ : 同センター(TEL 89-1232)へ

<子育てなんでも相談専用電話もご活用ください>
 通話無料です。お気軽にご相談ください。
・受付時間 : 午前8時30分~午後5時
【TEL 0800-200-7114】

<子育て情報が満載!子育て支援ポータルサイト>
 イベントや耳寄り情報などをご覧いただけます。
 「大垣 子育て」で検索
 
◆子育て中のパパ・ママと交流を深めることができます
  親子で気軽に出かけ、交流できる場として、子育てサロン・サタパパサロン・子育て交流プラザを開設しています。子育てサロンとサタパパサロンは、市内の地区センターなどで開催。子育て交流プラザは、コミュニティプラザまちの駅(郭町2-6)で月曜日を除く毎日開かれており、多くの親子でにぎわっています。

<子育てサロン・サタパパサロン>
・問い合わせ : 子育て総合支援センター(TEL 89-1232)へ

<子育て交流プラザ>
・問い合わせ : NPO法人くすくす(TEL 77-3818)へ
 

親子で交流を深めることができる子育てサロン(中川ふれあいセンター)

親子で交流を深めることができる子育てサロン(中川ふれあいセンター)


お子さんが病気になっても安心
◎子ども医療費助成制度
 お子さんが病気になった際、入院・通院ともに、18歳に達して初めて迎える3月31日(高校生世代)まで医療費の自己負担分が無料です。所得制限はありません。
・問い合わせ : 窓口サービス課(内線 486・487)へ
 
子どもの治療の様子

小児夜間救急室
 夜間における小児の一次(初期)救急を行う小児夜間救急室を設けています。お子さんがもしもの時でも落ち着いて行動しましょう。
・診療時間 : 木・土・日曜日(祝日、年末年始、8月15日を除く) 午後6時~9時
・ところ・問い合わせ : 市民病院救急救命センター内(TEL 81-3341)

病児保育室‘Peek-A-Boo’
 お子さんが病気、あるいは、その回復期にあり、保育園などでの集団保育に適さず、保護者が仕事などで家庭での保育が難しいときに、医師・看護師・保育士が連携してお子さんをお預かりします。
・対象 : 小学3年生まで
・利用時間 : 平日:午前8時~午後6時 土曜日:午前8時~午後0時30分 ※日曜日、祝日は休み
・利用料 : 子ども1人につき1日2,000円
・ところ・問い合わせ : 児玉レディスクリニック内(高砂町1-13、TEL 82-1155)


家事や育児に不安があるときは
 市は、家事や育児が困難な家庭や、一人で子育てについて悩んでいる人をサポートするため、下表の事業を行っています。
・問い合わせ : (1)大垣市社会福祉協議会(TEL 78-8181) (2)子育て支援課(内線 463・492) (3)NPO法人くすくす(TEL 77-3818)へ

子育てサポート
 対象子の預かり送迎家事・育児相談料金
(1)ファミリー
サポートセンター
小学生
まで
××有料
(2)エンゼルサポーター小学生
まで
××
(代行)
×有料
(3)ホームスタート未就学
児まで
××
(一緒に行い考えます)
無料

≪特定不妊治療費の助成制度をご存知ですか≫
 市は、医療保険が適用されないため高額な費用が必要となる特定不妊治療(体外受精、顕微受精)の費用の一部を助成する事業を行っています。
・対象 : 次の(1)~(3)をすべて満たす夫婦
 (1)法律上の婚姻をしている
 (2)少なくとも一方が市内に居住している
 (3)特定不妊治療以外では、妊娠の可能性が低いと医師に診断されている
・対象経費 : 治療費から、岐阜県特定不妊治療費助成制度の助成額を控除した額
・助成額(1治療) : 対象経費または10万円のいずれか少ない額
・助成回数 : 初年度は年3回、2年目以降は年2回が限度 ※ただし、通算10回まで
・助成期間 : 最長5年間
・申請 : 県の助成制度に申請を行った後、大垣市保健センターへ
・問い合わせ : 同センター(TEL 75-2322)へ

(平成25年1月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る