ページの先頭です

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~

[2013年1月15日]

 アニメーションの美術監督として、その草創期から現在まで活躍を続けてきた山本二三さん。山本さんは、長崎県で生まれ、大垣工業高校定時制建築科を卒業。その後上京し、アニメーションの背景画を手掛けるようになりました。
 本展では、氏が手掛けた「天空の城ラピュタ」や「時をかける少女」などの背景画約160点を一挙に紹介します。大垣ゆかりの美術監督の豊かな表現を、ぜひその目で味わってください。

・とき : 2月9日(土)~3月10日(日) 午前9時~午後5時 ※毎週火曜日と2月13日は休館
・ところ : スイトピアセンターアートギャラリー
・入館料 : 600円(高校生以下は無料)
・問い合わせ : 大垣市文化事業団(TEL 82-2310)へ

天空の城ラピュタ≪荒廃したラピュタ≫1986二馬力・G(c)山本二三

 

時をかける少女≪踏切≫ 2006年「時をかける少女」制作委員会2006(c)山本二三


(平成25年1月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る