ページの先頭です

平成25年度 市・県民税の主な改正点

[2013年2月1日]

生命保険料控除の見直し

 平成22年度の税制改正により、平成25年度以後の市・県民税における生命保険料控除が改正されました。
 今回の改正では、従来の一般生命保険料控除(改正前:適用限度額3万5千円)と個人年金保険料控除(改正前:適用限度額3万5千円)に、介護医療保険料控除が新たに設けられ、それぞれの保険料控除の適用限度額が2万8千円に変更されました。
 上記の見直しは、平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約(新契約)などから適用されます。平成23年12月31日以前に締結した生命保険契約(旧契約)については、引き続き従来の制度がそのまま適用されます。また、生命保険料控除の合計適用限度額は従来どおり7万円です。
 各控除額の計算は下表のとおりです。

平成24年1月1日以後に加入した保険の場合(新契約)
年間の支払保険料等控除額
~ 12,000円支払保険料等 全額
12,001円 ~ 32,000円支払保険料等×2分の1+6,000円
32,001円 ~ 56,000円支払保険料等×4分の1+14,000円
56,001円 ~     一律 28,000円
平成23年12月31日以前に加入した保険の場合(旧契約)
年間の支払保険料等控除額
~ 15,000円支払保険料等 全額
15,001円 ~ 40,000円支払保険料等×2分の1+7,500円
40,001円 ~ 70,000円支払保険料等×4分の1+17,500円
70,001円 ~     一律 35,000円

◆新契約と旧契約の両方に加入している場合
 新契約、旧契約それぞれで控除額を計算しますが、控除額はそれぞれを合計した金額(上限額2万8千円)となります。


(平成25年2月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る