ページの先頭です

つくしっ子通信 No.54

[2013年2月1日]

就園について

春から保育園・幼稚園の入園を控えているご家庭では、園服やお道具などの品物の準備が始まっているかと思います。一方で、集団生活を迎えるお子さんのしつけ・生活面での準備はいかがでしょうか?ご家庭で取り組まれるとよいことをいくつか紹介させていただきます。来年度以降の就園を考えている方もぜひ今後の参考にしてください。(ここでは3~5歳児さんについて紹介します)

朝食を食べてから登園しましょう

朝食は園で活動的に遊ぶためには欠かせないエネルギー源です。朝食を食べないと、午前中にボーッとしてしまい、先生のお話に集中することができなかったり、お友達と一緒に遊ぶことができなくなります。また、朝食を食べると腸が刺激され、スムーズな排便につながり、朝すっきりとうんちを出して気持ちよく登園できますね。ゆっくりと朝食を食べるためにも、登園時間の1時間前までにはお子さんを起こしてあげましょう。

決まった時間の食事、おやつの習慣をつけましょう

園では決まった時間に給食・おやつをいただきます。ご家庭でもある程度時間を決めておくと、次の食事を楽しみに待つようになり、生活リズムが整ってきます。

食事中はテレビを見たり遊んだりしないようにしましょう

園での給食は決められた時間にひとりで完食できることを目指します。そのためには、よく噛んで食べること、遊び食いにならないことが大切です。ご家庭でもお子さんの様子を見ながら、家族との会話を楽しみながら食事ができるといいですね。

オムツがはずせるように心がけましょう

トイレでおしっこ・うんちをする(自分で拭く)ことを、普段の生活の中で経験していきましょう。

泣くのはあたりまえ!

初めて親元を離れ、集団生活に向かう子ども達は不安な気持ちでいっぱいです。入園してしばらくは泣きながらお母さんから離れることができないお子さんも多いものです。そんなお子さんの姿をみていると、「大丈夫かしら…」とお母さん自身も不安な気持ちになってしまうことがありますが、お母さんの気持ちをお子さんは敏感に感じとってしまいます。するとますますお母さんから離れることができなくなることも…。ぜひ、お母さんが心に余裕を持ち、お子さんを笑顔で送りだしてあげてください!

子どもの睡眠と生活リズム

子どもの眠り

3~4か月頃まで

生まれたばかりの赤ちゃんは“泣く・哺乳・眠る”を約3時間ごとに繰り返します。そんな赤ちゃんも次第に昼と夜の区別がつくようになります。昼と夜の違いを知る手がかりは“光・授乳時間・家族の生活の様子”です。昼は明るくして適度な刺激を与え、夜は暗く静かにしましょう。

1歳頃まで

昼寝は8か月頃には午前午後各1回になることが多いようです。昼寝は午後3時半には切り上げましょう。あまり遅くまで昼寝をしていると、夜は遅寝となり、どうしても朝も起きれなくなってしまいます。
子どもの睡眠時間の目安

年齢

睡眠時間

1歳児

11~13時間

1歳6か月~3歳児

12時間

早寝、早起きをし、10時間以上の睡眠をとりましょう。

“寝る子は育つ”と言われますが、成長に必要なホルモンは夜中、睡眠中に活発に分泌されることがわかっています(22時から2時頃)。また、暗くなると分泌されるものもあるのです(豆電球くらいの明るさでは問題になりません)。遅寝をした分、朝寝や昼寝で補えるものでもありません。早寝早起きの睡眠リズムができていれば体温やホルモンのリズムも自然に整えられていくのです。

夜10時以降に寝る子が増えています!

保育園に上がる前の2歳のお子さんの約6割が遅寝であるという調査結果も出ています。遅寝のお子さんは上に書いたホルモンが十分に出ないだけでなく、起きる時間や食べる時間が定まらず、規則正しい生活リズムができていないことが多くあります。不規則な生活リズムは、元気がでない・イライラして攻撃的・無表情などの問題も出てきます。

こうしてみよう

生活の悪循環を一度に全て変えることはなかなか難しいことです。就寝が遅いなぁ...と感じてみえる方は、まず30分早く寝るよう心がけてみると良いかもしれません。

睡眠・食事・運動は、全てかかわり合っているので、どれか一つでも改善されるよう心がけると全体がうまく回り始めます。

 

しっかりとした生活リズムが身につくよう、大人が手助けをしてあげましょう。

『小児夜間救急室』のご案内

市は、夜間における小児の一次(初期)救急を行う『小児夜間救急室』を設けています。子どもが「もしも」の時でも 落ち着いて行動しましょう。

  • 大垣市民病院 救命救急センター内(南頬町4-86)
  • 毎週木曜日・土曜日・日曜日 18~21時(ただし祝日・年末年始・8月15日を除く)
  • 電話 0584-81-3341

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る