ページの先頭です

女と男の"ぐっど・こみゅにてぃ" ~男女共同参画フォーラム開く~

[2013年2月15日]

男女共同参画フォーラムのシンポジウムの様子

男女共同参画フォーラムのシンポジウムの様子


 男女共同参画宣言都市である本市は、毎年、「男女共同参画フォーラム」を大垣市男女共同参画推進連絡協議会との共催で開いています。
 2月2日にスイトピアセンター音楽堂で行われた今回のテーマは、「だれもが安心していきいき暮らせるまちづくり~地域でも・仕事でも・家庭でも~」。約1,000人が、シンポジウムや基調講演などに参加しました。


◆シンポジウム&基調講演
 昨年12月から今年1月にかけて、事前に開かれた6つの分科会。市民団体の企画運営で、「子育て」「介護」「DV」「定年後」「ポジティブ・アクション」をテーマにした講演会やワークショップなどが行われたほか、男性を対象にした料理教室も開かれました。
 こうした分科会の内容は、フォーラムのシンポジウムで報告され、参加者は地域・仕事・家庭などあらゆる場面で、男女共同参画が必要であることを再認識しました。
 その後、中央大学文学部教授で、「婚活」「パラサイト・シングル」の名付け親としても知られる山田昌弘さん=写真下=が、「男女共同参画は日本の希望」と題した基調講演に登壇。「日本は先進国の中でも、女性の社会進出が最も遅れている国の一つ。女性が活躍すれば、経済・社会は活性化する」と語りかけました。

山田昌弘さん



◆男と女のかがやきまちづくり表彰式
 また、男女共同参画社会づくりに積極的に取り組んでいる功績をたたえる「大垣市男と女のかがやきまちづくり表彰式」もフォーラムの会場で行われ、個人・団体の部では「大垣夢ある女性の会」が、事業者の部では「(株)ユタカファーマシー」が表彰されました=写真下=。

ユタカファーマシー 表彰



◆第3次男女共同参画プランを策定中

 市は、現在、来年度からの5年計画となる第3次大垣市男女共同参画プランを策定中です。引き続き、「認め合い 支え合い女と男の“ぐっど・こみゅにてぃ”」をスローガンに、男女共同参画社会づくりを積極的に推進します。皆さんも、地域・職場・家庭でご協力ください。

大垣市 男女共同参画宣言都市


(平成25年2月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る