ページの先頭です

楽しい毎日は健康から 3月1日~8日は女性の健康週間

[2013年3月1日]

 厚生労働省は、女性が生涯を通じて健康で明るく充実した日々を過ごせるよう、3月1日~8日までを「女性の健康週間」に定めています。この機会に自身の健康について考えてみましょう。

【知ってほしい!女性の健康問題】
◆更年期障害
 閉経を迎える50歳前後を更年期といいます。この時期は、女性ホルモンの急激な変化によって、のぼせやほてり、目まい、どうき、冷え、不眠、憂うつなど、心と体にさまざまな症状が現れます。つらい症状が出たら、専門医を受診し、更年期障害の治療について相談の上、自分に合った治療を進めることが大切です。

◆摂食障害
 拒食と過食を合わせて摂食障害といい、「やせ願望」の強い10~20代に多い病気です。無理なダイエットで、ホルモンの分泌や中枢神経の働きにまでトラブルが生じ、無月経や、将来不妊症になることもあります。家族などの周囲の協力や、自分に合った治療を進めることが大切です。

【女性の悩み、冷えを解消!】
 女性は筋肉が少ないことやホルモンの影響により、男性より冷えに悩まされることが多いと言われています。対策をしっかりして、健康に過ごしましょう。

◆食べ物で身体を温める
 朝食は必ず食べ、体温や代謝を高めましょう。にんじん、かぼちゃ、かぶ、ショウガなど体を温めるものを食べると効果的です。

◆筋力トレーニング、ストレッチ
 体内の熱を作るのは筋肉です。筋トレで熱の生産を増やし、ストレッチで血流を良くし、熱を体の隅々まで運び、体を温めましょう。

 市では、病気の予防・早期発見を図るため、各種がん検診、成人健康診査、骨粗しょう症検診、健康相談などを定期的に行っています。積極的にご利用ください。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。


(平成25年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る