ページの先頭です

手話通訳や要約筆記が必要なときはご利用を!

[2013年3月15日]

 市は、耳や言葉が不自由な人のコミュニケーションをサポートするため、手話通訳者や要約筆記奉仕員(手書き・パソコン)などの派遣を行っています。
 利用できるのは、市内に居住し、聴覚または言語機能の障がいで身体障害者手帳をお持ちの人、市内の公立学校や障がい者団体などです。

 次のような場合にご利用ください。
 (1)公共機関での相談、手続き
 (2)学校行事への参加
 (3)医療機関への受診、相談
 (4)公立学校や障がい者団体が主催する会議、講演会など

 なお、利用には事前登録が必要です。また、費用は原則無料ですが、交通費などの負担をしていただく場合があります。
 登録方法など詳しくは、社会福祉課(内線 477)へ。


(平成25年3月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る