ページの先頭です

ごみを出す その前に…

[2013年3月15日]

~プラスチック製容器包装の分別 今一度ご確認を!~

 ごみの再資源化を目指し「プラスチック製容器包装」の収集がスタートして、まもなく1年が経過します。
 制度が定着するにつれ、収集対象外のものや汚れがひどく再利用ができないものが混入する割合は減りつつあるものの、これまでの収集実績のうち約8.8%が不適合物となっています。その多くは、お菓子などの袋類や歯磨き粉などのチューブ類、資源ごみであるペットボトルやビン、カンなどです。これら不適合物は、リサイクルセンター選別室のベルトコンベア=写真=で、一つひとつ手作業で取り除き、リサイクルの精度を上げています。
 今年度は制度移行期として全てを収集していましたが、4月以降、収集対象外のごみについては、他の分別ごみと同様、警告シールを貼付し、「プラスチック製容器包装」として収集しません。
 無料可燃ごみ処理券と一緒にお配りしたパンフレット「ごみの分け方・出し方」をご覧いただき、正しい収集日に出していただきますようお願いします。また、ごみを出す際には袋から取り出し、専用の回収容器に直接入れてください。
 詳しくは、クリーンセンター(TEL 89-4124)へ。

選別前のベルトコンベアの様子


(平成25年3月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る