ページの先頭です

大垣市地下水利用地中熱ヒートポンプモデル設置事業補助金について

[2016年5月15日]

地下水利用型の地中熱ヒートポンプをモデル設置される市民の方に費用の一部を補助します

大垣市では省エネルギー及び二酸化炭素排出量削減に有効な地下水利用地中熱ヒートポンプ設備をモデル設置した方に対し、その設置費用の一部を補助します。

 

補助対象

 対象者

  補助の対象となる方は、次の全てを満たした方になります。

  ⑴ 自ら居住する市内の住宅もしくは市内に事業所を有する中小企業者、市内に市内に

   施設を有する医療法人・社会福祉法人・学校法人・NPO法人等に補助対象設備を設置

   予定であること、または補助対象設備付き住宅を購入予定であること。 

  ⑵ 設備の設置後、家庭もしくは事業所において省エネルギー活動を実践するとともに、

    アンケートなどへの協力ができること。

  ⑶ 市税を完納していること。

  ⑷ その他市長が必要と認める要件に該当していること。

 

 

 対象設備

  補助の対象となる設備は次の全てを満たしたものになります。

  ⑴ 地下水(井戸水)の熱を熱源として、その熱をヒートポンプでくみ上げることにより、

    冷暖房や給湯用のエネルギーとして利用するもの。

  ⑵ 地中にパイプを埋没するなど、熱交換用の設備を整備すること。

  ⑶ 未使用品であること。(中古品は対象外)

  ⑷ その他市長が必要と認める要件に該当していること。

 

補助内容

 補助対象設備の設備本体価格及び井戸掘削工事費等の設置工事費の合計額の2分の1以内の額(上限1,000千円)を補助します。

 ※ただし、補助金の額に1,000円未満の端数があるときは切り捨てます。

 

 <例>

  ⑴ 今ある井戸を利用して掘削を行わない場合

     空調や給湯設備などの設置に1,000千円かかったとすると、

      1,000千円 × 1/2 = 500千円

      (補助額500千円、自己負担額500千円)

  ⑵ 井戸を新しく掘削した場合

     井戸掘削に1,200千円、空調や給湯設備などの設置に1,000千円かかったとすると、

      (1,200千円 + 1,000千円) × 1/2 = 1,100千円<上限1,000千円>

      (補助額1,000千円、自己負担額1,200千円)

 

募集期間

平成28年6月1日(水)~平成28年12月28日(水)

※予算に達し次第終了となります。

 

申請方法

申請先

環境衛生課(市役所2階)まで大垣市地下水利用地中熱ヒートポンプモデル設置事業補助金交付申請書に必要書類を添えて、直接お持ちください。

 

申請に必要な書類

大垣市地下水利用地中熱ヒートポンプモデル設置事業補助金交付申請書(第1号様式)に次の必要書類を添えて、環境衛生課まで直接お持ちください。

(1)見積書およびその内訳書、または補助対象機器の経費の内訳が記載された工事請負契約書の写し、または売買契約書の写し

(2)設置場所を示す平面図等

(3)補助対象機器の形状や性能が分かるカタログ、パンフレット等

(4)既存の空調設備または給湯設備の全体カラー写真、および形状、規格等が確認できるカラー写真(新設、新築の場合を除く)

(5)個人の場合は、住民票の写し(申請日前3か月以内)

(6)法人の場合は、履歴事項全部証明書の写し、個人事業者の場合は、営業証明書の写し(申請日前3か月以内)

(7)市税完納証明書(申請日前3か月以内のもの)

(8)補助対象機器を設置しようとする建築物が補助対象者の所有物でない場合は、当該建築物の所有者の同意書

(9)設置する建築物の位置を示す地図(縮尺1/1,500程度のもの)

(10)その他市長が必要と認める書類

 

※対象機器の設置前に書類等を提出してください。設置工事中または完了後に申し込みされた場合は、補助金を交付することはできません。

 

申請書様式

本ホームページからダウンロードできます。

また、市役所環境衛生課窓口においても配布します。

補助金交付までの流れ

大垣市地下水利用地中熱ヒートポンプモデル設置事業補助金【フロー図】

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市生活環境部環境衛生課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る