ページの先頭です

シリーズ 景観遺産

[2013年4月15日]

市が指定した「大垣市景観遺産」60件の魅力を順次、紹介しています。

(36)冠橋付近から見た烏帽子岳  上石津町下山

冠橋付近から見た烏帽子岳

 時盆地に入ると、正面に悠然とそびえる熊坂山(標高865メートル)が見えます。神主さんが被るこんもりとした帽子・ 烏帽子に山の形が似ていることから、地元では烏帽子岳と呼ばれています。また、美濃富士の名もあり、その姿は秀麗そのものです。
 なお、4月21日(日)には、烏帽子岳登山道の山開きが行われます(詳細は8面に掲載)。


(平成25年4月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る