ページの先頭です

小川市政 四期目スタート 「日本一住みやすいまち」へさらなる飛躍を目指す

[2013年5月1日]

小川市長

  まちづくりを進める3つの柱

  大垣市長 小川 敏

3つの柱イメージ

 このたびの市長選挙におきまして、市民の皆様の温かいご支援とご厚情を賜り、引き続き大垣市政を担わせていただくことになりました。
 市民の皆様の期待の大きさと職責の重さに身の引き締まる思いでございます。
 さて、これまでの3期を振り返りますと、私は、民間の経営感覚を取り入れた市政運営を目指し、「小さな市役所 大きなサービス」をモットーに行財政改革を進め、行政のスリム化と財政の健全化、市民サービスの維持向上を図ってまいりました。
 そして、同時に「安全・安心」のまちづくりや「子育て日本一」のまちづくりを積極的に推進するとともに、賑わいと活力あふれるまちづくりに全力で取り組んでまいりました。
 4期目におきましては、大垣市のさらなる飛躍を目指し、「安心」「活力」「協働」を政策の三本柱として、今年度スタートいたしました、第五次総合計画後期基本計画のもと、各種施策を推進し、「日本一住みやすいまち・大垣」を目指して、取り組んでまいりたいと存じます。
 今後とも、市民の皆様の幸せのために、情熱と信念を持って、全力で市政運営に取り組んでまいる決意でございますので、皆様の一層のご理解とお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

(平成25年5月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る