ページの先頭です

大規模地震に備える 耐震診断の補助制度 申し込みは5月7日~

[2013年5月1日]

東日本大震災の爪痕(平成23年6月6日、岩手県釜石市鵜住居町)

東日本大震災の爪痕(平成23年6月6日、岩手県釜石市鵜住居町)

 地震と津波により崩壊した街。甚大な被害をもたらした東日本大震災――。私たちの住む大垣も、東海・南海・東南海地震の発生が危惧され、大規模地震がいつ襲ってくるか分かりません。
 市は、地震に強いまちづくりを進めるため、耐震診断や耐震補強設計に対して、補助金を交付しています。大規模地震発生時の被害を最小限に抑えるため、ご自宅の地震対策を進めましょう。

・申込 : 5月7日から、建築課や上石津・墨俣地域事務所、市民サービスセンター、上石津地域の各支所で配布の申込書(市HPからダウンロード可)を建築課へ持参
      ※受け付けは平日のみ
・問い合わせ : 建築課(東庁舎2階、内線 683・684)へ
 

耐震診断の補助制度
対象区分補助率など募集戸数
木造住宅昭和56年5月31日以前に建築または着工された、地階を除く階数が3階以下の木造住宅
※丸太組み構法や国の認定を受けているプレハブ工法の住宅は除く
耐震診断診断が無料で
受けられます
100戸
(先着順)
耐震補強
設計
費用の3分の1以内
(限度額10万円)
5戸
(先着順)
木造住宅
以外の
建築物
昭和56年5月31日以前に建築または着工された木造住宅以外の建築物耐震診断診断経費と算定式による
費用のいずれか
少ない額の3分の2以内
(限度額100万円)
若干
(先着順)

(平成25年5月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る