ページの先頭です

<記者発表資料>富山県高岡市との災害時相互応援協定の締結について

[2013年5月2日]

富山県高岡市との災害時相互応援協定の締結について

 本市は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の教訓や最新の知見を生かすため、現在、地域防災計画の見直しを行うなど、防災体制の充実に努めています。

 こうした中、南海トラフ巨大地震など超広域大規模災害の発生に備え、同時に被災する可能性の少ない遠隔都市との相互応援体制の充実を図ることが課題となっていることから、昨年度、富山県高岡市において開催された中心市街地活性化全国リレーシンポジウムに本市市長が出席したことが縁となり、本市市長から高岡市髙橋市長に対して、災害時における相互応援協定締結の申し出を行い、協議を進めてきたところ、合意に至ったため、次のとおり協定を締結するものです。

 また、高岡市は、俳聖 松尾芭蕉が紀行文「奥の細道」の旅において足跡を残した芭蕉翁ゆかりの地として「奥の細道むすびの地」である本市と縁のある都市です。

 なお、これにより本市独自の自治体間相互応援協定は10件となります。

協定締結式

と き

平成25年5月7日(火) 11時30分~12時

ところ

大垣市役所 市長室

出席者

大垣市:小川敏市長、生活環境部長兼危機管理監 ほか

高岡市:髙橋正樹市長、総務課危機管理室長 ほか

協定書

「高岡市・大垣市災害時相互応援協定」

主な協定内容

  1. 食料、飲料水及び生活必需品並びにこれらの供給に必要な資機材の提供
  2. 救援及び救助活動に必要な車両、資機材等の提供
  3. 救援、応急復旧等に必要な職員の派遣
  4. 被災者の一時収容のための施設の提供及び被災者の受け入れ
  5. ボランティアのあっせん

参考

本市独自の自治体間相互応援協定締結自治体一覧
No.都市名人口(人)距離(所要時間)〈直線距離〉締結年
1鯖江市67,657126km(01時51分)〈 76km〉H 7
2彦根市112,66847km(00時53分)〈 33km〉H 8
3長浜市123,00849km(00時53分)〈 30km〉H 8
4伊賀市95,609126km(02時00分)〈 79km〉H19
5荒川区204,575399km(05時20分)〈290km〉H23
6春日井市306,37646km(00時46分)〈 34km〉H23
7鹿児島市605,6091,018km(13時06分)〈700km〉H23
8上越市201,230363km(04時46分)〈246km〉H24
9栗原市73,327791km(10時06分)〈542km〉H24
10高岡市174,494227km(02時57分)〈159km〉H25
  • 「人口」は平成24年4月1日現在の推計人口。
  • 「距離(所要時間)」はグーグルマップによる検索数値。(車両で最短距離を採用)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市生活環境部生活安全課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る