ページの先頭です

木造住宅の耐震補強工事 最大210万円の補助

[2013年6月1日]

左 中越地震、右 東日本大震災

左 中越地震、右 東日本大震災

 発生が予想される南海トラフを震源域とする大規模地震――。市は、こうした大規模地震に備え、公共施設や民間住宅の耐震化を進め、地震に強いまちづくりを進めています。
 今回、市内の木造住宅の耐震補強工事に対して、県内最高基準の補助金を次のとおり交付します。

・対象 : 昭和56年5月末以前に建築または着工された3階以下(地階を除く)の木造住宅 ※丸太組み構法や国認定のプレハブ工法は除く
・補助率・補助額 : 費用の10分の7以内(限度額210万円)
・募集件数 : 30戸(抽選)
・申込 : 6月3日~28日の平日に、建築課で配布の申込書(市HPからダウンロード可)に必要事項を記入し、同課(東庁舎2階)へ持参
・問い合わせ : 建築課(内線 682~684)へ

◆耐震診断・耐震補強設計
 このほか、耐震診断や耐震補強設計にも補助制度があります。本紙5月1日号でお知らせしましたが現在、応募件数に若干のゆとりがあります。こちらは先着順ですので、お早めにお申し込みください。


(平成25年6月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る