ページの先頭です

地域防災計画を全面改定 ~防災対策を強化 原子力災害も想定~

[2013年7月1日]

 6月17日、行政機関・住民・ライフライン事業者などで構成される「大垣市防災会議」が開かれました。今回は、水害や地震などの対策をまとめた地域防災計画を大幅に見直し、近年の災害発生状況などもふまえ、その内容を全面改定しました。
 また、新たな計画には、超広域大規模災害に対する対応や原子力災害対策の整備など、東日本大震災で得たさまざまな教訓が盛り込まれています。
 近年、南海トラフを震源域とする巨大地震の発生が危惧されています。家庭や地域でも、防災体制の強化に努めましょう。
 詳しくは、生活安全課防災政策グループ(内線 429・431)へ。

 

 
(平成25年7月1日号) 

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る