ページの先頭です

芭蕉元禄朝市 好評開催中!!

[2013年8月1日]

~大垣産の とれたて新鮮野菜が いっぱい~
芭蕉元禄朝市

 「地産地消」―。暮らす土地において生産されたものを、その土地で消費すること。
 現在、この地産地消の考え方に注目が集まり、その役割を再認識されているのが「朝市」です。大垣の朝市は市内各所で開かれ、どの朝市会場も朝どりの新鮮野菜と生産者の笑顔が店頭に並び、多くの人が集まり、にぎわっています。
 今の時期、店頭を飾るのはキュウリやトマト、ナスなどの夏野菜、その野菜を使った漬物などの加工品、季節の花々たち――。数に限りがあるため、売り切れとなってしまうこともありますが、お客さんからは『新鮮でおいしい』、『旬のものがお値打ち』といった喜びの声が聞かれます。
 市は、こうした「にぎわい」や人と人との「ふれあい」を、まちなかに生み出そうと、農家の皆さんと共に、昨年度から奥の細道むすびの地記念館イベント広場で、「芭蕉元禄朝市」を開催しています。
 年間を通じ、まつりや元気ハツラツ市などの開催日を除く日曜日に、同広場には地元・大垣産のとれたて新鮮野菜がズラリと並びます。1年を経過して、常連のお客さんも増え、毎回にぎわいを見せています。
 笑顔あふれる芭蕉元禄朝市に、ご家族お揃いで出かけてみてはいかがですか。

芭蕉元禄朝市 8月以降の開催日
【8月】 11日・18日・25日
【9月】 8日・15日・22日・29日
【10月】 13日・20日・27日
【11月】 10日・17日・24日
【12月】 8日・15日・22日
【1月】 12日・19日・26日
【2月】 9日・16日・23日
【3月】 9日・16日・23日・30日

 

◇朝市情報
 市は、市内各地で開かれている朝市相互の交流や連携を図るため、「大垣市朝市連絡協議会」を立ち上げ、その活動を支援しています。同協議会では、次のとおり朝市を開催しています。

朝市情報
名称ときところ
西美濃朝市クラブ3月~12月毎週日曜日8時00分~9時00分JA青墓研修センター
宇留生菜園クラブ朝市年間開催月1回(不定期)8時30分~11時00分JA宇留生支店敷地内
郭町サクランボグループ3月~12月毎月1日8時00分~10時00分郭町商店街翠画廊前
リアリティ花の里4月~12月毎週日曜日6時00分~9時30分一之瀬ポケットパーク
もんでこ朝市4月~12月毎週日曜日6時00分~9時00分かみいしづ緑の村公園
西側
南部朝市年間開催毎週土曜日7時30分~8時30分JA洲本支店敷地内
えぼしの里・上石津4月~12月
1月~3月
毎週水・土・日曜日
毎週土・日曜日
8時00分~15時00分
8時00分~12時00分
上石津町下山
(国道365号沿い)


(平成25年8月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る