ページの先頭です

夏の風物詩 ヒマワリ畑 ―今年は墨俣町、見ごろは8月下旬―

[2013年8月1日]

写真は、平成21年に墨俣町で行われたヒマワリ畑の様子

写真は、平成21年に墨俣町で行われたヒマワリ畑の様子


 大垣の夏の風物詩となった休耕田を利用したヒマワリ畑――。
 今年は、墨俣集落営農組合により、約20万本のヒマワリが墨俣町地内の約4ヘクタールの場所(下図参照)で栽培されています。現在、ヒマワリはスクスクと成長し、8月下旬から9月上旬にかけ、見ごろを迎える予定です。開花状況などは、市ホームページでご覧いただけます。
 また、8月25日(日)には、地域の皆さんによる飲食のバザーも開かれます。
 夏の思い出に、お気軽にお立ち寄りください。
 詳しくは、農林課(内線 523~525)へ。

周辺地図


(平成25年8月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る