ページの先頭です

住基カードの有効期限などをご確認ください!!

[2013年8月1日]

 市は、10月1日から住民基本台帳カード(住基カード)を利用してコンビニで住民票の写しなど各種証明書を取得できるコンビニ交付サービスを開始します。
 このサービスを利用するには、有効期限内の住基カードと専用の暗証番号が必要です。サービス開始前にご自身の住基カードの有効期限や暗証番号をご確認ください。
 住基カードに関する手続きは、窓口サービス課住民登録グループ(内線 444~447)へ。

【住基カードの有効期限について】
 住基カードの有効期限は発行から10年です。有効期限が切れると、コンビニ交付などの行政サービスが利用できません。
 また、写真付き住基カードは、身分証明書としての利用もできなくなります。
 新しい住基カードの交付申請は、住基カードの有効期限が満了する3か月前から、窓口サービス課で行っています(有料)。

住基カード

【コンビニ交付の利用登録について】
 現在、証明書自動交付機を利用できる人は、コンビニ交付サービスを利用できます。
 ただし、次に該当する人は事前に暗証番号登録が必要となる場合があります。対象者には、8月中に現在の登録状況を郵送でお知らせします。
(1)平成20年10月15日以前に、住基カードを取得された人
(2)住基カードの取得後に、新規に印鑑登録をされた人
(3)住基カードの取得後に、本籍を大垣市に移された人


(平成25年8月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る