ページの先頭です

守屋多々志美術館「眼で観る音で聴く守屋多々志の世界」ギャラリートーク開催

[2018年8月16日]

「眼で観る音で聴く守屋多々志の世界」ギャラリートーク開催

大垣市制100周年を記念し、本市と同時代に生まれ歴史に名を刻んだ郷土出身の日本画家守屋多々志の活躍を称えその画業を広く顕彰するため、特別展「守屋の描いた歴史画」を開催します。
この開催にあわせ、作品に取り上げられた古典文学や歴史的な場面を語りや音楽などで再現し、眼で観るだけではなく耳で聴くことによって、より深く作品の世界を知る事業「眼で観る音で聴く守屋多々志の世界」を開催します。 

 

日時

平成30年10月28日(日)

 第1部 11時~  第2部 14時~ (2回公演)

会場

大垣市守屋多々志美術館 1階 展示室

内容

「生田敦盛」ひとりものがたりと音楽

 守屋多々志が謡曲の生田敦盛に想を得て描いた≪生田敦盛≫(1948年制作、平敦盛の亡霊が自身の遺児と対面する場面を描く)の作品の世界を語りべの「ひとりものがたり」と音楽(エレクトーン)により再現します。ものがたりは語り部の六嶋由美子さんによる謡曲をもとにしたオリジナル作品です。

【出演者】
  語り          六嶋由美子さん
  音楽(エレクトーン) 醍醐加代子さん

 

参加方法

各回50人(整理券が必要です。美術館にて8月15日から配布します)

なお、入館料は別途必要となります。

大垣市守屋多々志美術館ホームページトップへ

このほかの詳しい情報は大垣市守屋多々志美術館ホームページトップをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局守屋多々志美術館

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


守屋多々志美術館「眼で観る音で聴く守屋多々志の世界」ギャラリートーク開催への別ルート

ページの先頭へ戻る