ページの先頭です

シリーズ 景観遺産

[2013年9月1日]

 市が指定した「大垣市景観遺産」60件の魅力を順次、紹介しています。

(45)旗本東高木家土蔵 上石津町宮218-1 ※建物内部は非公開
 

シリーズ 景観遺産 旗本東高木家土蔵

 
 旧伊勢街道沿いの旗本東高木家の陣屋跡にある土蔵です。文政年間(1818~1830年)に建てられたものと伝えられており、大正10年、昭和54年、平成19年と三度の改修が行われ、今日に至っています。
 土蔵の外壁は、瓦を張り付けて漆喰で縁取りした「なまこ壁」が施されており、白壁造りのどっしりとした構造となっています。

 


(平成25年9月1日号) 

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る