ページの先頭です

[44] 一夜城址公園とその周辺

[2010年10月1日]

一夜城址公園とその周辺

一夜城址公園とその周辺

指定番号:44号
指定日:平成22年10月1日
住 所:墨俣町墨俣
内 容:
・墨俣一夜城
・一夜城址公園<市史跡(一夜城址)>
・一夜城と桜並木
・新犀川と調節樋門

※一般公開(一部有料)しています。
 墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)一般/200円(団体20人以上150円)
※休館日 月曜日

概要

 木下藤吉郎の出世の出発点となった一夜城址は公園として整備されており、現在の墨俣一夜城は歴史資料館として建設したものです。周りを流れる犀川の堤防には3Kmに渡る桜並木があり、最近ではアジサイも植えられ、春から初夏にかけて多くの花見客で賑わいます。また、昭和初期、犀川改修計画により新犀川と調節樋門などを整備しました。この樋門は犀川事件など多くの犠牲を払った改修工事を今に伝える遺産と言えます。

関連コンテンツ

大垣市景観遺産・景観自慢

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部都市計画課[東庁舎2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る