ページの先頭です

[62] 矢橋家住宅

[2010年10月1日]

矢橋家住宅

矢橋家住宅

指定番号:62号
指定日:平成25年9月25日
住 所:赤坂町226
内 容:矢橋家住宅<国登録有形文化財>

※一般公開していません。

概要

 矢橋家住宅は、中山道に北面する平入の大型町屋で、往時の赤坂宿の中心部の雰囲気をよく伝えています。天保4年(1833年)の建築とされる母屋は、長大な梁間に架けられた大屋根の瓦が威容を誇る一方で、2階の軒高が低い「つし二階」の技法が採られるなど、江戸時代末期の地方都市における大型町屋の特徴がよく表れています。正面外観は2階の軒裏や袖壁を黒漆喰塗りとし、窓は千本格子をはめる瀟洒な意匠となっています。

関連コンテンツ

大垣市景観遺産・景観自慢

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部都市計画課[東庁舎2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る