ページの先頭です

新たに4件を大垣市景観遺産に指定

[2013年10月1日]

 後世に残したいふるさとの景観にふさわしい建造物や風景などを市が指定する「大垣市景観遺産」――。
 随時の応募が13件あり、景観遺産審議会による審議の結果、次の4件を新たに加えることになりました。
 これで合計64件となった大垣市景観遺産は、今後も市内外に周知するとともに、良好な景観の保全や景観まちづくりに活用していきます。なお、概要や場所はパンフレットや市ホームページをご覧ください。
 詳しくは、都市計画課(内線 667)へ。

◇新たに今回指定された大垣市景観遺産(4件)
・輪中生活館(旧名和邸)=入方2-1723
・矢橋家住宅=赤坂町226
・お茶屋屋敷跡=赤坂町3421-1
・善性寺の全景=上石津町牧田2456

矢橋家住宅

矢橋家住宅


◇景観遺産は随時募集中
 お気に入りの景観、ご応募を!
 
・応募方法 : 市役所や上石津・墨俣地域事務所などで配布の応募用紙に必要事項を記入し、同課へ
 ※市HPや携帯サイトから応募可
QRコード


(平成25年10月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る