ページの先頭です

芭蕉蛤塚忌全国俳句大会 10月20日(日)

[2013年10月1日]

 俳人・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた大垣で、秋の恒例となった「芭蕉蛤塚忌全国俳句大会」。25回目を迎える今年は、10月20日(日)に、奥の細道むすびの地一帯で開かれます。
 深まる秋を感じながら、俳句に触れてみてはいかがですか。
 詳しくは、同実行委員会(文化振興課内 内線 784)へ。


【芭蕉蛤塚忌】
・とき : 午前10時~11時
・ところ : 奥の細道むすびの地記念館ほか
・内容 : 芭蕉を顕彰する献句、献花、献吟、色紙流し

【全国俳句大会】
・とき : 午後0時30分~4時30分(午前10時から正午まで、当日投句の部受け付け)
・ところ : 総合福祉会館5階ホール
・内容 : 事前投句の部と当日投句の部の表彰、俳誌「鷹」主宰の小川軽舟さんによる「俳句発見」と題した記念講演

芭蕉蛤塚忌の色紙流し(過去の様子)

芭蕉蛤塚忌の色紙流し(過去の様子)


<来年度のポスター・チラシの原画を募集>
 芭蕉蛤塚忌全国俳句大会実行委員会は、来年度行われる同大会のポスターとチラシに掲載する挿絵の原画を募集します。最優秀者の作品を後日表彰し、来年度の挿絵として採用します。
 
・応募規定 : 高校生以上の人。A3サイズ
・応募期限 : 平成26年1月20日(必着)
・問い合わせ : 同実行委員会(文化振興課内 内線 784)へ


(平成25年10月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る