ページの先頭です

シリーズ 景観遺産

[2013年12月1日]

市が指定した「大垣市景観遺産」64件の魅力を順次、紹介しています。

(48)御首神社 荒尾町1283-1

御首神社

 平安時代中期の天慶の乱に敗れた平将門公の首を崇め祀るために創建されたのが、御首神社であると伝えられています。境内に建ち並ぶ建物群と樹木が生い茂った社叢は、この神社の由緒を示すとともに地域のシンボル的な存在となっています。
 この神社は首から上の諸祈願に御利益があるといわれ、毎年多くの受験生らが訪れています。


 景観遺産は、随時、募集を行っています。後世に残したい景観があれば、応募サイト(パソコンや携帯電話から応募可)または都市計画課(内線 667)へ。

qrコード


(平成25年12月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る