ページの先頭です

街を照らす 幻想の灯り 芭蕉元禄大垣イルミネーション 12月25日まで

[2013年12月15日]

市民手づくりイルミネーション

 大垣の冬を彩る「芭蕉元禄大垣イルミネーション」が開幕し、約20万球の電飾が中心市街地を華やかに照らし出しています。
 11月30日、大垣公園で点灯式が行われ、今年のイルミネーションの幕開けとなりました。点灯式では、北中吹奏楽部がクリスマスソングの演奏などで華を添え、数多くの来場者を魅了。続いて行われた、市民手づくりイルミネーション作品コンテストの表彰式では、10団体が表彰されました。
 また、この日は、大垣市商店街振興組合連合会や市民団体による、雑炊や焼き芋、甘酒などのバザーも行われ、来場者の冷えた体を温めていました。
 今年のイルミネーションは、大垣公園芝生広場を中心に、アイデアあふれる市民手づくりイルミネーション47作品やきらめくシンボルツリーなどが飾られ、幻想的な光の空間を演出しています=写真:上=。
 また、新大橋や奥の細道むすびの地周辺には、川の流れをイメージしたイルミネーションや水門川に浮かぶ舟に電飾を設置。水面に映る輝きを楽しむこともできます。
 このほか、大垣駅南口広場や北口広場、駅通りなどは樹木にも電飾が施され、期間中は光のオブジェとともに、中心市街地を輝かせています。
 点灯期間は12月25日までの毎日、午後5時から9時まで。防寒対策を万全にして、皆さんおそろいで、お楽しみください。

新大橋周辺

新大橋周辺
 

大垣駅北口広場

大垣駅北口広場
 

むすびの泉

むすびの泉


(平成25年12月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る