ページの先頭です

「無煙たばこ」の健康影響にご注意を

[2014年1月1日]

 無煙たばこは、他のたばこ製品と同様に、使用者へ健康影響を及ぼすものです。特にスヌース(加工したたばこ葉が入った小袋を上唇の裏にはさんで使用する無煙たばこ)に関しては、その影響を懸念する声が広がっており、注意が必要です。


◆「無煙たばこ」による健康影響など
 無煙たばこは、30種類近くの発がん性物質を含んでいるといわれ、口腔がんの原因となるほか、歯周疾患を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高める可能性があります。
 特に、スヌースは、口腔粘膜や鼻腔粘膜からのニコチンの吸収速度が速く、依存に陥りやすいことが指摘されています。また、その容器は、お菓子などと見間違うような外装で、幼小児が誤って口に含むなど、誤飲・誤用のおそれもあります。
 関連情報など詳しくは、厚生労働省ホームページへ。

(平成26年1月1日号) 

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る