ページの先頭です

立春に 笑顔咲かせる 子どもたち ~家族でふれあう・子育てを考える多彩な催し~

[2014年2月15日]

水都っ子集まれ!新春正月まつり 他


 「子育て日本一」を目指す大垣市――。市内では、先月下旬から今月初旬にかけて、家族でふれあう・子育てを考える催しが数多く開かれました。
 1月25日は、杭瀬川スポーツ公園で「水都っ子集まれ!新春正月まつり」と、スイトピアセンターを舞台に「スイトピア子どもまつり」が開催されました。どちらの会場も、子どもたちの笑顔が輝き、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に参加し、3世代でまつりを楽しむ姿が数多く見受けられました。
 2月1日には、子どもたちが日ごろの生活で感じたことや感動体験などを発表する「子どもの意見を聞く会」が総合福祉会館で開かれ、翌2日には、親子で絵本の楽しさを学ぶ「子ども読書フェスティバル」がスイトピアセンターで行われました。
 また、情報工房では1月28日に「児童虐待防止講演会」、ソフトピアジャパンでは2月1日に「子育て世代に選ばれる都市戦略会議シンポジウム」が開かれ、虐待が子どもたちに与える影響や、子育てしやすい都市環境の整備について、多くの人たちが学び・考えました。
 市は、こうした催しのほか、保育料の軽減や高校生世代までの医療費助成など、さまざまな形で子育て世帯のバックアップに努めています。

児童虐待防止講演会


(平成26年2月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る