ページの先頭です

資源節約と経費削減のため 口座振替済通知書を廃止

[2014年2月15日]

 市は、資源節約と経費削減を図るため、市税などを口座振替で納付した人に郵送している「口座振替済通知書」を平成26年度分から廃止します。
 今後は、預金通帳に記帳することで、口座振替が済んでいることを確認してください。皆さんのご理解とご協力をお願いします。
 なお、(1)~(3)の通知書は、これまでどおり発行します。

(1)軽自動車税の「納税証明書(車検用)」
(2)確定申告などに使用する「納付済額のお知らせ通知」(国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料)
(3)水道・下水道の検針時に発行する「使用水量等のお知らせ」 ※水道料金・下水道使用料などの口座振替済額(前回)が記載

口座振替済通知書を廃止
廃止する科目問い合わせ
市・県民税(普通徴収)、固定資産税・
都市計画税、軽自動車税
収納課(内線 382・383)
国民健康保険料(普通徴収)窓口サービス課(内線 452~455)
後期高齢者医療保険料(普通徴収)窓口サービス課(内線 484・485)
介護保険料(普通徴収)高齢介護課(内線 354・355)
市営住宅家賃等、市単独住宅使用料住宅課(内線 835・836)
保育料(保育園、幼稚園)子育て支援課(内線 494・495)
留守家庭児童教室保育料社会教育スポーツ課(内線 755・756)
育英資金償還金社会福祉課(内線 472・473)


(平成26年2月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る