ページの先頭です

春の全国火災予防運動 3月1日~7日 全国一斉に展開

[2014年3月1日]

 「消すまでは 心の警報 ONのまま」を統一標語に、3月1日から7日まで、春の火災予防運動が全国一斉に展開されます。
 まだまだ暖房器具を使う機会が多い一方、空気が乾燥するこの季節は、火災が発生しやすい時季です。
 火災予防やいざというときのために次の7項目の実践を心がけてください。

<3つの習慣>
◎寝たばこは、絶対やめる
◎ストーブは、燃えやすい物から離れた位置で使用する
◎ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す

<4つの対策>
◎逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する
◎寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する
◎火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する
◎お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

 家庭や職場、地域の防火体制の強化に関するアドバイスや問い合わせなどは、大垣消防組合消防本部予防課(TEL 87-1512)または、お近くの消防署にご相談ください。
 

春の火災予防運動ポスター


(平成26年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る