ページの先頭です

三世代同居促進事業

[2016年4月1日]

  市では、三世代同居を推進することにより、高齢者の孤立化を防止するとともに定住促進を図ることを目的として、三世代で同居するための転居費用(引っ越し代)の一部を補助します。

 ※この制度においての三世代同居とは、大垣市在住の高齢者(65歳以上)だけで構成されている親世帯に64歳以下の二世代以上の子や孫などが同時に市外から転入し、三世代以上で同居することです。

交付対象者

  市外から高齢者のみの世帯(親世帯)に転入する子と孫世代

  なお、申請者については、子又は孫のどちらかになります。

補 助 率

  転居費用の4/5(限度額8万円)

交付要件

 三世代同居するために市外から転入する者であって、次のいずれにも該当することが必要となります。

  ・三世代同居をする住宅を生活の本拠地とすること

  ・大垣市三世代同居促進事業補助金を過去に受けたことがないこと

申請方法

 転入した日(住民票異動日)から6か月以内に次の書類を提出してください。

  (1)大垣市三世代同居促進事業補助金交付申請書兼請求書(第1号様式)

  (2)三世代同居促進事業調書(第2号様式)

  (3)三世代同居をする世帯員全員の住民票の写し

  (4)三世代同居をする者の続柄が確認できる書類

   (例:戸籍謄本:高齢者-子の関係1通、子-孫の関係1通)

  (5)引越しに要した費用の領収書の写し

  (6)母子健康手帳の写し(胎児がいる場合に限る。)

補助金交付までの流れ

 転入 ⇒ 申請(転入した日から6か月以内) ⇒ 書類審査 ⇒ 交付決定 ⇒交付

申請書

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部高齢介護課[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る