ページの先頭です

第1回市議会定例会が開会 新年度予算など51議案を審議

[2014年3月15日]

 平成26年第1回市議会定例会が3月3日、開会されました。
 この日、会期を3月19日までの17日間と決めた後、「名誉市民の称号を贈り、名誉市民章を授与することについて」を上程し、田口義嘉壽氏に「名誉市民」の称号を贈ることを決めました(田口義嘉壽氏 名誉市民に)。また、5人の方に「市功労章」を授与することを決めました(詳細は2面に掲載)。
 次に、人事案件5件を先議。大垣地域公平委員会委員に西脇史雄氏(再任)、固定資産評価審査委員会委員に高橋淳子氏(新任)、上石津地域の3財産区(牧田、一之瀬、時)の管理委員に各7人を選任することに同意しました。
 続いて、平成26年度一般会計予算など44議案を一括上程。小川市長が市政運営に対する所信を述べたほか、新年度予算編成の基本方針や、各議案の提案理由を説明しました。
 各議案は、付託を受けた担当委員会で審査された後、19日に行われる本会議で採決される予定です。上程された議案は、次のとおり。

■平成26年度予算関係(21件)
 一般会計、公共下水道事業会計、病院事業会計など

■平成25年度補正予算関係(3件)
 一般会計、公共下水道事業会計、水道事業会計

■条例関係・その他(20件)
 職員の給与に関する条例の一部改正、老人医療費助成金条例の一部改正、国民健康保健条例の一部改正、障害者福祉年金条例の一部改正など


(平成26年3月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る