ページの先頭です

住民基本台帳カードについて

[2016年8月3日]

窓口 窓口サービス課・各地域事務所

 

 平成27年12月末をもちまして、住民基本台帳カード(住基カード)の新規交付は終了しました。有効期間まではご利用いただけますが、今後は個人番号カードをご利用ください。

個人番号カードについてはこちらのページをご覧ください。

 住基カードには、氏名のみを記載したAタイプ(写真なし)と、住所・氏名・生年月日・性別を記載したBタイプ(写真付き)の2種類があります。Bタイプ(写真付き)は、公的な身分証明書として利用できます。

住基カードを利用したサービス

◇証明書コンビニ交付サービス

 住基カードを利用して、コンビニエンスストアのマルチコピー機で住民票の写しなどの証明書を取得できるサービスです。

 利用を希望される方は、別途、申請が必要です。住基カードをお持ちの上、本庁窓口サービス課で申請してください。(住基カードが写真なしの場合は、運転免許証などの本人確認書類も必要です。また、地域事務所や各サービスセンターではお手続きできませんのでご注意ください。)

 ※暗証番号の設定を行いますので、申請は本人又は法定代理人に限ります。

 くわしくは、こちらのページをご覧ください。

◇公的個人認証サービス(電子証明書の発行)の申請

 インターネットを利用して所得税・地方税の電子申告や登記申請などの行政手続きをする際、他人による「なりすまし」や「改ざん」を防止するため、住基カードを利用して、本人確認ができる手段(電子証明書の発行)を提供するサービスです。

 平成27年12月22日をもちまして、住基カードへの電子証明書の発行は終了しました。今後、電子証明書の利用をご希望の方は個人番号カードを申請してください。

個人番号カードについてはこちらのページをご覧ください。

住基カードの電子証明書については、こちらのページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部窓口サービス課(市民)[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る