ページの先頭です

~おくのほそ道の風景地~ 国名勝指定記念シンポジウム

[2014年4月1日]

 市は、大垣を代表する風景地「船町港跡」が、国名勝「おくのほそ道の風景地」に指定されたことを記念し、国名勝の保存や活用について考えるシンポジウムを開きます。

・とき : 5月17日(土) 午後2時~5時
・ところ : 総合福祉会館5階ホール
・内容 : 
 【記念講演】講師:前文化庁長官の近藤誠一さん=写真=
  演題:日本人にとっての自然と文化遺産
 【文化庁報告】講師:文化庁主任文化財調査官の本中眞さん
  内容:国名勝指定の経緯などの報告
 【パネルディスカッション】パネリスト:糸魚川市長、高岡市長、小松市長、大垣市長
  演題:名勝地としての「おくのほそ道」の保全と活用
・定員 : 250人(先着順)
・申込 : 4月1日から、文化振興課や市内文化施設で配布の申込用紙(市HPからダウンロード可)に必要事項を記入し、同課(〒503-0888 丸の内2-55、TEL 47-8067、ファックス 81-0715)へ

前文化庁長官の近藤誠一さん


(平成26年4月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


~おくのほそ道の風景地~ 国名勝指定記念シンポジウムへの別ルート

ページの先頭へ戻る