ページの先頭です

実は奥が深い!?『ジオラマ』の世界

[2014年5月1日]

 奥の細道むすびの地記念館に展示されている、松尾芭蕉の句、「蛤のふたみにわかれ行秋ぞ」を題材にしたジオラマ。実はよく見ると、さまざまなエピソードが隠されています。
 「芭蕉の舟に乗り込もうと慌てた旅装束の人が川の対岸を走っている」、「蛤をいっぱいに積んだ船が桑名から港に上がってきている」など。
 腰をかがめて、当時の情景を想像しながらジオラマの世界をじっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか。
 

ジオラマ


(平成26年5月1日号) 

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る