ページの先頭です

体ぴんぴん教室体験記(参加者の声)

[2015年12月14日]

 このホームページは、実際に保健センターの教室に参加された方の声をまとめたものです。

 「どんな教室なの?」、また運動習慣のない方で「これから運動してみよう」とお考えの方の参考に作成しました。

運動で骨密度が20%も増えました(Aさん)

  私は2年間、骨粗しょう症で病院通いをしていました。カルシウム剤とビタミンD剤の2種類のお薬を2年間ずっと服用していましたが、半年ごとに測る骨密度検査では、下がる一方で不安になり悩んでおりました。

 ある時友人から、「保健センターの運動教室がいいよ」と教えてもらい、運動習慣のなかった私でしたが、とりあえず申し込むことにしました。

 教室は男性の先生で、運動についての講義と実技を楽しく分かりやすく教えてもらえました。全く運動していない私なのか、当初はきつくて体力のなさを痛感しましたが、1か月もすると体力がついたのか皆さんについていけるようになりました。先生の講義で、骨粗しょう症予防には筋力トレーニングが一番であると知ってからは積極的に筋力トレーニングを行いました。

 教室が始まって4か月後に、病院で骨密度を測る機会があり、20%も増加したことを知って大変驚きました。教室を続けて本当に良かったと実感できました。

 半年の教室が終了して既に2年が経過しましたが、今でもOB会で週に1回は運動を継続しています。現在もそのお陰か骨密度は維持されて、病院から薬の必要はないと言われました。体力と骨が強くなったことで不安もなくなり、積極的に家から出かけるようになって、友人と充実した生活を送っています。

 本当に運動教室のお陰だと感謝しております。

 

リウマチの薬の量が減りました(Bさん)

 私は14年間、関節リウマチで大垣市民病院の整形に通っています。最初に体調の異変に気付いたのが15年前で、左手中指の第2関節に違和感を覚えました。暫くしてから手足のこわばりと腫れや痛みが出て、関節リウマチだと診断されました。症状は年月と共に左右対称となり、それからは病気との闘いの連続でしたが、治療の甲斐あって一人でも生活できるまでに回復しました。

 2年前、私の目に留まったのが保健センターの運動教室(体ぴんぴん教室)の広報募集でした。日頃から「もう一度、元気になって運動したい」との思いがあって、「手足に痛みがある私の身体では皆さんについていけないかもしれない。」と悩みましたが、取り敢えず教室に申し込んでみました。

 教室最初の体力測定では、歩くのがやっとの状態でしたが、「無理をしないでできる範囲で行ってください」との指導がとても救われました。それから6か月間、1日も休むことなく、課題の運動日記に、(1)朝一番の体重測定、(2)食事前の歩行、(3)自転車の空回し漕ぎ、(4)DVDのロコモ体操とストレッチなど、自分のできる運動は全て行い記録しました。その甲斐あって半年後には1万歩が歩けるようになって、秋には12年ぶりに老人会の運動会に参加でき、なんと50m走で1位に入賞してしまい、自分も周りの人も驚いて達成感に浸ることができました。

 以前は内服薬のプレドニゾロンというステロイド剤を5錠服用していましたが、今では2錠に減っています。この寛解状態が維持することを目指して、今の生活が送れることに感謝しつつ、これからも週2回の運動教室OB会に励んでいきます。

猫背が治り、片足立ちもできるようになりました(Cさん)

 私は8年間、脊柱管狭窄症で個人病院に通院していました。病院のリハビリは電気治療が主で、お薬も飲んでいましたが、徐々に体力は衰えて猫背がひどくなり、お辞儀がふらついてできない有様でした。足のしびれもひどくて歩くのがやっとで、介護保険を受けようか悩んでいました。

 そんな時、市の地域包括支援センターの方が「保健センターの運動教室が、体力の回復によいから」と勧めてくださり、藁をもすがる思いで申し込みました。

 教室初めは、私にとって難しい運動もありました。しかし「できる運動からするように」と指導されて、少しずつ身体を動かすようにしました。教室の先生に「私の猫背は治るのでしょうか」と質問したところ、「腹筋と背筋をきたえる運動で、筋肉のコルセットを作れば伸びますよ」と教えてもらい、運動に励むことができました。半年がたつ頃には、周りからも「背すじが伸びたね」と褒められるようになり、自分でも力がついてきたのが分かるまでになりました

 現在も毎週地区センターへ運動教室のOB会に通っています。以前は片足で1秒も立てなかったのに、今では30秒以上バランスがとれるようになりました。つまずくこともなくなり、転びそうになってもサッと足が出て踏ん張れるので、転ばずにすんでいます。

 足のしびれは、まだ少しありますが、旅行にも行けるようになり、充実した毎日を楽しんでいます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る