ページの先頭です

大垣市ホームタウンデー FC岐阜の試合で大垣市をPR

[2014年7月1日]

おがっきぃ ほか

 大垣市のホームタウンデーとして、サッカーのFC岐阜とジュビロ磐田の試合が6月14日、長良川競技場で行われました。
 FC岐阜の試合会場で、観光やグルメなど市の魅力をPRするホームタウンデー。この日は、会場内の大型スクリーンで市のプロモーションビデオを上映したほか、会場南口に大垣市のブースを設置し、「大垣暮らし」をテーマに市の施策やサービスなどを紹介しました。
 また、試合開始前には、小川市長や水の都おおがき親善大使、市マスコットキャラクターの「おがっきぃ」「おあむちゃん」などがグラウンドに登場。両チームに大垣ラムネをプレゼントするなどして、大勢の観客に大垣市をPRしました=写真上=。
 晴天に恵まれ絶好の観戦日和となったこの日は、ワールドカップ開催期間中ということもあり、数多くの大垣市民が応援に駆け付け、主催試合の入場者数としては過去最高の15,138人を記録。会場は大勢のサポーターの歓声で、にぎわっていました。

入場者過去最高

(平成26年7月1日号) 

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る