ページの先頭です

あたたかく見守る気遣いを…子どものこころの健康

[2014年8月15日]

子どものこころの健康は、いきいきと自分らしく生きるために重要です。そのためには、健康的な生活習慣やストレスに適切に対応する能力を身につけることが大切です。家族も子どもと一緒になって、あたたかく見守り、寄り添っていきましょう。

≪家庭でこころがけてみてください≫
◎子どもにかけがえのない存在であることを伝える
 →良い部分をほめる・他と比較しない
◎ふれあいの場を大切にしよう
 →家庭であいさつを交わす・家族一緒に食事をする・家族団らんの場を持つ
◎SOSを出してもらえる存在になろう
 →子どもの話をじっくり聞く・子どもの行動に関心を持ち、見守る
◎リズムやルールのある生活をしよう
 →起床や就寝のリズム・社会のルールを親自らが実践する


◆知っていますか「子ども110番の家」
 子どもたちが何らかの被害を受けそうになった時、緊急避難することができる個人の住宅やお店などのこと。警察や学校・家族の連絡、警察が到着するまでの保護を行います。

◆相談できます「教育総合研究所」
子育ての悩み、不登校、いじめなど気になることについての相談に応じます【TEL 74-6666】

◆利用できます「SOSミニレター」
友人や家族に言えないような悩みがある場合、法務省から小中学校に学校経由で配られるミニレター(便箋と封筒がセットで切手を貼らず返信可)を出すと、人権擁護相談員が相談に応じます。

 

(平成26年8月15日号) 

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る